自律神経失調症 不定愁訴 偏頭痛 めまい 耳鳴り
トップページ
日本CS自律神経活性法協会
不定愁訴とは
CS自律神経活性法とは
掲載メディア紹介
患者様の声
会長プロフィール
治療院を探す
北海道
東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
 
中国
九州・沖縄
セミナー
セミナー内容
不定愁訴専門施術師への流れ
受講者の声・受講者の方のその後
よくある質問
セミナーフォローアップ(会員専用)
JCSA
協会概要
協会則
協会申し込み
お問い合わせ
マスコミ関係の方へ
     協会則

第1章/総 則

第1条/名称
本会は 日本CS自律神経活性法協会
(JCSAA)と称する。

第2条/事務局
本会の事務局は、東京都西東京市東伏見2−6−2
うえだ整骨院内に置く。

第3条/目的
本会は、上田康浩氏が考案し開発した独自の医療理論・治療技術であるCS自律神経活性法を、多くの治療家に普及し、界に広めていくことを主な目的とする。

第4条/事業
本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
1)研究会、セミナー、学術講演会などの開催。
2)CS自律神経活性法に関する治療理論・技術の情報の提供。
3)CS自律神経活性法に関する情報誌、機関誌、学術図書の刊行。
4)公衆への啓蒙活動として講演会の開催や情報誌の刊行。
5)その他本会の目的を達するために必要な活動。

第2章/会 員

第5条/会員の資格
1)会員はあらゆる医療従事者とする。
2)各種医療学校の教員が本会に入会する場合は、許可を要する所属団体による差別は一切行わない旨とする。但し、故意による虚偽の記入内容があると思われる場合、入会の拒否または退会を勧告するものとする。

第6条
本会の趣旨に賛同し入会を希望する者は、入会金及び年会費を添え、事務局に申し込むものとする。

第7条
本会の構成員は本会の目的に関する研究または調査を本会へ報告し発表することができるとともに、その結果を臨床へ応用することができる。また本会の事業に関して総会等において意見を述べることができる。

第3章/会 費

第8条
正会員は細則に定める入会金及び年会費を納めなければならない。

第9条
一度納入された入会金及び年会費はいかなる理由においても返却されない。

第4章/退会及び勧告・除名

第10条/退 会
1)本人の申し出により退会する。
2)会費を6カ月以上滞納した者は退会したものとみなす。

第11条/勧 告

1)研究会、セミナー及び講演会等の出席者が講義を写真・ビデオ等で撮影することを禁止する。

2)研究会、セミナー及び講演会等の出席者が講義を録音することは原則として許可するが、個人的な範囲を超える使用目的で複写すること、またそれの転売、転用を禁止する。

3)本会で刊行した図書及びセミナー等で配布した資料を複写することを禁止する。また、れらの転売、転用を禁止する。

4)臨床行為以外で本会開発品を転売、転用を禁止する。

5)本会が主催する研究会、セミナー及び講演会等で発表した治療理論や治療テクニックを許可無く他で講演、講義等を行うことを禁ずる。

6)本会が主催する研究会、セミナー及び講演会等で発表した治療理論や治療テクニックについて許可無く出版物をつくることを禁ずる。

7)本会の会員が各自の治療院広告、看板など公的なものに"CS自律神経活性法の名称を使用する事は許可するが、本会を退会したと同時にそれらを使用することを禁ずる。それに反た場合は法的処置を行使する。

8)その他、本会に不利益をもたらす行為と判定した場合、勧告をする。

9)上記行為の勧告に対して、是正が認められない場合、除名とする。

第12条/除 名
1)本会の名誉を傷つけ、本会の目的に反する行為があった場合、除名する.。
2)その他、社会通念を逸した行為が認められた場合、除名とする。

付 則

付則
この会則は、本会総会において議決された日から施行する。
本会則は、2008年10月1日より施行する。

会長 上田 康浩

COPYRIGHT(C)2009 日本CS自律神経活性法協会 ALL RIGHTS RESERVED.