自律神経失調症 不定愁訴 偏頭痛 めまい 耳鳴り
トップページ
日本CS自律神経活性法協会
不定愁訴とは
CS自律神経活性法とは
掲載メディア紹介
患者様の声
会長プロフィール
治療院を探す
北海道
東北
関東
信越・北陸
東海
近畿
 
中国
九州・沖縄
セミナー
セミナー内容
不定愁訴専門施術師への流れ
受講者の声・受講者の方のその後
よくある質問
セミナーフォローアップ(会員専用)
JCSA
協会概要
協会則
協会申し込み
お問い合わせ
マスコミ関係の方へ
     CS自律神経活性法とは

【段落-1】
CS自律神経活性法とは硬膜の歪みを治療することにより、脳の血行を良くし人間本来持っている治る力=脳の力=自律神経の力を活性化させる療法です。実際の治療は、わずか5gの力で全身の調整を行ない、治療始めから終わりまで患者様に全くストレスや負担をかけることなく治療を行います。
【段落-2】
症状の改善には自律神経の通り道である頭蓋骨、首、内臓を良くすることが大切になりますが、治療はその頭蓋骨、首、内臓が悪くなってしまった原因から行なっていきます。特に首の歪みに関しては一番治さなければならない場所なのですが、首を直接治療することは絶対にありません。首は体の異常のバロメーターで首を触れば体のどこが悪いか分かるぐらいの重要な部位なのですが、決して首は不定愁訴の原因ではなく、むしろ結果として異常が出ている部位なのです。話が難しくなりますが、ちゃんと原因の治療ができていれば「触らなくても首の異常はすべて治る」ということです。仮に原因の異常をほっといて首だけ治療したとすると、必ず元のずれた形に戻ります。この事実は他の悪い部位をかばって首の歪みが起こっている証拠に他なりません。
【段落-3】
現代の生活環境の悪化により不定愁訴で苦しんでいる方は近年非常に増えてきていると思われます。しかし、不定愁訴の人たちは自分の症状がどこに行けば治してもらえるのかすら分かっていないのが現状です。その場しのぎの鎮痛剤などの対症療法で症状をごまかしている方には特に「すべての症状には原因となる悪い部分がある。」という事実を理解してもらって、治る症状をいつまでも抱えていることなく、より良い人生を送って欲しいと思っています。

COPYRIGHT(C)2009 日本CS自律神経活性法協会 ALL RIGHTS RESERVED.